×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第十二話「ベタ塗り」

これは白黒のイラストなので、黒く塗る場所が出てきます。
黒い所を俗にベタというのでベタ塗り。まんまですね。

ベタ塗りにはよくコピックを使います
コピックとコピックスケッチ
雑誌に漫画を投稿する時は筆ペンで塗った方がいいらしいんですが、
筆ペンはインクがすぐ無くなって頭に来るので、
ちょっと癖はありますが、コピックで塗っちゃいます。
私のイラストにはベタの部分が多いので、詰め替えインクもしょっちゅう購入します。
バリオスインク
ちょっと高いんですがね…

いきなり塗る事もたまにはありますが、失敗するのは嫌なのでベタを塗る準備をします。
まず、ペン入れが済んだら、キレイに消しゴムで線を消します。
ベタ塗ってから消しゴムを使うと結構事故が発生するので注意
 例えば、ベタが乾いてなくて絵を汚すとかベタが薄くなるとか…)

ベタ塗り準備
ベタ塗りする部分の境界線部分
コピックマルチライナー0.8のような太目のペンなどでなぞっていきます
こうするとはみ出す危険が減るのでいい感じ?

はしっこ
漫画原稿用紙には印刷のための線などが書いてあるので、
そこを塗りつぶさないように、写真のように線を引いておきます。

コピックのペンの部分でふちどり コピックの太い部分でふちどり
場所によってはコピックを使って線を引きました。
で、ベタ塗り準備完成。↓
ベタ塗り準備完成

ここまで出来たら後はベタを塗るだけ!
ベタ塗り開始
コピックの太い方でばんばん塗っていきます。
塗りにくい所はペンを使ったり筆ペンを使ったりしますが、
ほとんどコピック一本で塗ってしまいます。

おおお!!!!かなりいい感じじゃないですかね??
ベタ塗り完成

必要なもの
ベタを塗るもの/消しゴム/精神を高めるもの(任意で。私は音楽)

第十三話へ


第十一話へ
便せんを作ろう講座トップ

まるたわーるどまくろ館 Last updated 2007-04-13 Mail