×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第十九話「印刷所に送る」

さて、便せんの原稿が出来たので印刷する訳ですが
二色刷りは自分でやると大変面倒なので(おい)
今回は印刷所にお願いしようと思います
(コピー印刷の便せんもよく作りますが…それはまた今度書こうと思います)

色んな印刷所がありますので、
画材屋さんでパンフレットを貰ったり、 同人誌即売会の会場でパンフレットを貰ったり、 インターネットで探してみたりするといいと思います

今回は(私としては”も”なんですが)
金沢印刷さんのチラシ
ここ金沢印刷さんにお願いしようと思います

二色刷りのフェアをやってらっしゃるのでいい感じ…

紙の種類や配色を決めたいと思います
紙は色をはっきり見せたいので、白上質紙の70kgにしようと思います
(70kgというのは紙の重さのことで、重くなるにつれて厚くなります)
この配色で
今回はこの配色で行きたいと思います

印刷所に出す時は発注書を書く必要があります
印刷所によって書き方など違いますので、 印刷所のマニュアルを熟読しましょう
発注書 原稿の裏
原稿の裏に住所・氏名・配色を書いておくといいかも
天地の記入
グラデーション印刷をする時は特に、どちらが上かをきちんと明記しておきましょう
(天・地を書いておけばいいかと思います)

原稿が雨などでぬれない様に、原稿はビニール袋に入れておくことをオススメします
ビニール袋に入れる
さらに原稿が折れないように補強もしておきましょう
ダンボールなどを前は入れていたんですが、
最近は古くなった携帯電話のカタログを入れていたりして…
携帯電話のカタログ…


あとは封筒に入れて封をして送ります!
普通郵便でも構わないんですが、ちゃんと届いているか不安なので、 私はよく宅配便などを使用します。

今回郵便局に行ってみたら、全国一律500円で郵送できるというものがあったので、
それを使って郵送してみました。

必要なもの
印刷所の発注書/ボールペン/鉛筆/ビニール袋/封筒/厚紙など原稿が折れなくする工夫

最終話へ


第十八話へ
便せんを作ろう講座トップ

まるたわーるどまくろ館 Last updated 2007-04-13 Mail